Lip care_jiva

空気が超乾燥しています。体中がカサカサです。手を洗うときや家事のときにお湯を使わなくても手のひらはカサカサ。唇も例外ではありません。乾燥してガサガサの唇は見た目がよくないだけでなく、感染症に罹るリスクも高くなります。アーユルヴェディックな方法で柔らかで魅力的な唇を取り戻しましょう。

 

1.ピンク色の唇にはローズウォーターとハチミツを同量混ぜたペーストをリップグロスとして使います。粘りが強すぎる場合にはローズウォーターを足してお好みの堅さにしてください。颯爽と街を歩きましょう。
2.柔らかな唇にはキュウリを使います。キュウリ1本の皮をむき、みじん切りにしてつぶしペースト状にします。それを絞ってジュースをとります。最初からミキサーを使ってジュースにしてもいいでしょう。このキュウリジュースを唇に塗ります。30分置いて洗い流すとスーパー柔らかな唇に!
3.バターを唇に塗ってお休みなさい。翌朝、ぬるま湯で洗い流します。バターはナチュラルなワセリンです。唇を冷たい空気から守り、保湿の役割をします。バターの代わりにギーでもいいです。
4.そのほか天然のモイスチャライザー、栄養リップクリームとしてマスタードオイル、グリセリン、ひまし油、アロエベラを使うことができます。どれもひび割れた唇に効果がありますが、「だったら全部混ぜてしまえ!」というのはダメです。