自然のリズムに合った暮らし方

健康法1人間は自然の一部なので、自然のリズムとともに生活をすれば健康を維持でき、人生の紆余曲折に柔軟に対応できるとアーユルヴェーダは説いています。自然のリズムに合ったライフスタイルの重要性を強調しています。そのためアーユルヴェーダでは日々の健康法が確立しています。日々の健康法のことを「ディナチャルヤ」といいます。ディナチャルヤを毎日の生活スタイルとして取り入れると、体、心、魂レベルで充実した健康と幸福が得られると言われています。

私たちの体や心は車と同じで、定期的なメンテナンスが必要です。しかし私たちは忙しい日々のなかで自分のメンテナンスをないがしろにしています。取り替えがきく車やスマホは大切にしているのに、取り替えがきかない自分を大切にしないのは不思議なことです。

アーユルヴェーダが説く日々の健康法である「ディナチャルヤ」を生活習慣として取り入れると、体、心、魂のレベルで健康になることができます。たとえば、たった5分間の呼吸法でプラーナ(気)を体に取り込むことができます。シンプルなヨガは体と心をしなやかに、強く、健康にしてくれます。関節をまわす運動によってリンパ系と免疫系の働きが強まります。高血圧、高コレステロール、Ⅱ型糖尿病、肥満、がんなどの生活習慣病を予防することが可能になります。五感を毎日浄化し、滋養することも大切です。浄化には水、滋養にはごま油かギー(精製したバター)を使います。

呼吸法は心を浄化し、強くします。笑いヨガは体と心をリラックスさせ、長寿をもたらします。

一日の仕事が終わったら5分間、ヘッドマッサージをしましょう。頭と首の筋肉をリラックスさせ、脳への血流を改善します。床に横になり、足の位置が頭より少し高くなるようにクッションなどに脚を乗せて3分間、深呼吸すると血圧が下がり、体、五感、心を若返らせます。

おうちで食べる温かい食事は愛情ホルモンの分泌を促し、病気を遠ざける効果につながります。アーユルヴェーダは体質に合った食事をすることを重視しています。

自分のための30分

自分のケアのために30分を使いましょう。毎日の養生法
30分を自分のために使うことで健康で幸福な暮らしを手に入れられるとしたら、これほど素晴らしい健康法はありません。

さあ、始めましょう。できることからやってみましょう。

 

<朝>

  1. 6時ごろ起床
  2. 歯磨き、タングスクレーパーを使って舌の汚れをとる。ごま油で歯ぐきのマッサージをする
  3. うがいを5回する
  4. 顔を洗ったあと、水で目を洗う
  5. 水を鼻からすって鼻のそうじをする。ぬるま湯がよい
  6. カップ1杯ないし1リットルの水を飲む。真夏以外は白湯がよい
  7. トイレに行く。したくなくてもトイレに行く習慣をつける
  8. ストレッチをする(イラストを参照↓)
  9. 深呼吸をする(5分間)
  10. 笑うヨガをする ♪ワッハッハ (1分間)
  11. ジヴァナンダ・メディテーションをする(3分)
  12. セルフオイルマッサージをする。耳、鼻、へそ、頭も忘れずに
  13. シャワーを浴びる
  14. 着心地のよい服を着る。すっきり♪
  15. アロエベラジュースを大さじ2杯飲む
  16. さあ、朝ごはん。新鮮で添加物が入っていないナチュラルなものを食べる(くだもの、全粒粉のパン、あたたかいご飯、おかゆ、水につけておいたアーモンド、温かいミルク、はちみつ、緑豆のスプラウト)
  17. 落ち着いた気持ちで仕事にでかけましょう。

健康法2

 

<仕事中>

  1. 白湯を飲む(夏場は常温の水でもよい)。定期的に深呼吸をして新鮮な空気を吸う。ストレッチも行う。仕事中の飲み物はハーブティーかフルーツジュースがよい。小腹がすいたら、果物かナッツを食べる
  2. ランチを落ち着いた環境で食べる。食べながら仕事をしない。新鮮でナチュラルなものを食べる
  3. 午後も白湯を飲む(夏場は常温の水でもよい)。定期的に深呼吸をして新鮮な空気を吸う。ストレッチも行う。

<仕事が終わったあと>

  1. 帰宅したら仕事のストレスを切り離す。アロマや音楽を活用して体と心をリラックスさせる
  2. 床に寝て深呼吸する(5分間)
  3. ヘッドマッサージをする(5分間)
  4. お風呂にはいる
  5. 心に刺激を与えるものを食べたり飲んだりしない
  6. 家族や友人と落ち着いた食事をする。よく噛む。就寝の2時間前には食事を終える。食事中はテレビをみない
  7. 食後は本を読んだり、心がリラックスできるテレビ番組や音楽を楽しむ
  8. 就寝前にホットミルクを飲む。シナモンやターメリックを加えてもよい
  9. 瞑想をする(5分間)
  10. ベッドにはいって、深呼吸をしながら「私は健康、私は幸せ、私はエネルギー」と自分に語りかける