パーキンソン病は神経接続部が徐々に退行することによって起きる病気です。神経接続部は脳の基幹にあり、筋肉の動きや体の動きに影響します。筋肉が動いていないときに、震えが手や足から始まります。

原因

パーキンソン病の原因はいまだわかっておらず、遺伝性も議論されています。若年層の薬物使用者の場合、メチル・フェニル・テトラヒドロピリジンが重度のパーキンソン病を誘発することが研究によって明らかにされています。そのため環境有害物質がパーキンソン病を引き起こすのではないかとの推論もあります。

症状

抑うつ症状
疲労感
筋肉のこわばり
四肢の震え
脚の痛み
精神的緩慢
動作緩慢
筆記困難

アーユルヴェーダの見方

パーキンソン病はアーユルヴェーダの古典テキストでは「Kalayakhanj」と記されています。これはkalayaとkhanjの2つの言葉から成り立つ病名です。Kalayaはひよこ豆のような豆のことで、食べ過ぎるとヴァータを増やします。Khanjは動作障害を表わします。古代の医者達は、豆を過剰に食べてこの病気を誘発した事例を認めていたのかもしれません。要因はなんであれ、パーキンソン病はヴァータの増悪に関係しています。増悪したヴァータが体中のチャネル(スロータス)をつまらせるのです。消化の火の低下、消化の悪化、毒素(アーマ)の蓄積が消化器系や細胞レベルに見られ、ヴァータの増悪に格好の環境を作り出します。消化器系と細胞レベルの消化機能を改善するために、消化力を高めるハーブや神経強壮ハーブを処方します。食事療法とライフスタイルの改善も重要です。

食事とライフスタイル

環境有害物質がパーキンソン病の一つの因子ではないかと疑われているので、これらの物質を避けることが発症リスクを低減させる一つの方法です。

ジャンクフード、加工食品、古くなった食品、化学物質を用いて栽培した食品、環境汚染はできるだけ避けるべきです。

ヴァータを増悪させる食べ物や行動はできるたけ慎むべきです。一方、アーモンドやくるみなどの食品は神経系を滋養し、ヴァータをコントロールします。これらのナッツ類を食事に加えるよう心がけましょう。

アーユルヴェーダのオイルマッサージ、ナスヤ(鼻にオイルを入れる療法)、カルナプラン(耳にオイルを入れる療法)、浣腸療法はヴァータ性疾患を改善し、神経系の健康を保ちます。こうした療法を定期的に行うと、パーキンソン病の発症リスクが低減します。

ヨガもヴァータ性疾患の発症リスクを低減し、神経系の健康を保ちます。