高血圧は、年齢、性別、身体活動、精神活動、家族歴、食事などの影響を受けます。

原因

今日では不健康な食事と体を動かさない生活スタイルが高血圧の一番の要因になっています。ファーストフードや添加物を多用した加工食品は消化にかかわる不調を誘発します。消化力の低下は体内毒素が蓄積する原因となり、結果として高血圧をもたらします。食べた物は消化の火(ジャターラグニ)によって栄養液に変わり、この栄養液が身体組織を滋養し、健康な血液を作ります。

しかし消化力が損なわれると体内毒素が発生し、体内毒素と栄養液が混ざり合った結果、重くねばねばした血液が作られることになります。毒素の混じった重い血液が体内を巡り、毒素は体内チャネル(経絡)の弱い箇所に蓄積すると考えられています。毒素が心臓のチャネルに蓄積すると、血管の内壁が狭くなり、血液を流すために圧力を高めなければならなくなります。それが高血圧です。

さらに、ストレス、不安感、否定的な感情も血圧を押し上げます。肥満、運動不足、高脂肪食品の摂取、食物繊維不足、カフェインの摂りすぎ、精製食品の摂りすぎなども高血圧を誘発します。

アーユルヴェーダの治療法

高血圧の根本原因を探り、その根本原因を取り除く生薬を処方します。そのためには消化力を高めることが欠かせません。心臓に蓄積した毒素を取り除くことも必要です。さらに、心を静かに安定させるために、瞑想、ヨガ、呼吸法など心をリラックスさせる取り組みも大切です。

食事とライフスタイル

肉、卵、テーブルソルト、ピクルス、カフェインを減らしましょう。喫煙は止めましょう。食事ににんにく、レモン、パセリ、アムラ、スイカ、スキムミルク、カッテージチーズを取り入れます。早歩き、ジョギング、水泳など定期的な運動も大切です。ストレス性高血圧の場合には笑うことが最善のクスリです。

ホームレメディー

  • にんにく3-4片とバジルの葉10-12枚の絞り汁に小麦若葉少量を混ぜ合わせたものを1日1回食べます。
  • 朝の空腹時ににんにく2-3片を水と一緒に食べます。
  • 玉ねぎの絞り汁小さじ1杯とはちみつ小さじ1杯を混ぜ合わせ、1日1回食べます。これを1週間続けます。数日間さらに続けても結構です。