妊活、不妊、更年期障害、生理不順に悩む女性の味方

シャシャタバリタバリは女性の体と心を若返らせる効果のあるアーユルヴェーダの代表的な植物です。女性の生殖細胞を若返らせる効果はその名前に表れています。「シャタバリ」という言葉は「百人の夫をもつ人」という意味です。シャタバリはピッタを若返らせ、女性の生殖細胞と血液を若返らせます。

味(ラサ) 甘味、苦味
質(グナ) 冷性
効能(ヴィールヤ) 冷性
消化後の味(ヴィパーカ) 甘味
鎮静化するドーシャ ピッタ・ヴァータ
薬用に使用する部位
作用 滋養強壮、若返り、女性の生殖細胞の強化、生理中と妊娠中のホルモンバランスの安定化、男性のバイタリティー強化
適応症/健康効果 女性の生殖細胞の強化、不妊、インポテンツ、更年期障害、無月経、月経過多、PMS,子宮内膜症、下痢、胃潰瘍、胃酸過多、脱水、肺膿瘍、吐血、咳、病気の体力回復、ヘルペス、白帯下、慢性発熱

シャタバリはどの体質にも向く滋養強壮・若返り作用があり、年齢や性別の区別なく効果があります。とくに女性の生殖細胞を強化する作用があるため、昔からPMS、無月経、月経過多、更年期障害、子宮内膜症などの骨盤内の炎症に使われてきました。深部の細胞を強化し、造血を補助する作用があることから、不妊の改善、受精能力の強化、流産予防、産後の滋養強壮効果があると考えられてきました。母乳の量を増やし、子宮の回復を早め、ホルモンバランスを整えます。

シャタバリは母乳の量や精子を増やし、粘膜を滋養します。血液に栄養を与えるとともに、浄血作用もあります。更年期の女性や子宮を摘出した女性のホルモンバランスを整える効果が期待できます。卵子に栄養を与え、生殖能力を高めます。質はサトヴィックなので、愛と献身を促すと考えられています。

胃、肺、腎臓、生殖器の乾燥して炎症を起こした粘膜の痛みを緩和します。